【市役所への爆破予告】ダメ。ゼッタイ!

爆弾を持ったおもちゃの骸骨にバツ印がついている写真市役所
爆弾を持ったおもちゃの骸骨にバツ印がついている写真

みなさんはテレビなどで、爆破予告のニュースを見かけることがありませんか。

私の働いていた市役所にも何度か、爆破予告が来ることがありました

市役所にそのような予告が来ると、職員も「不審なものが置かれていないか」と、気を張ります。

その他にも、若手職員がしていたことがあります。

やめたいむ
やめたいむ

市役所が「爆破予告」された時に、

その陰で職員は何をしているのか、お話します。

スポンサーリンク

【市役所への爆破予告】ダメ。ゼッタイ!

つられているたくさんの懐中時計

こんにちは。
市役所で約25年間働いて、アラフィフで退職したやめたいむです。

突然ですが、

みなさんは「自分の会社が爆破予告されている日に、普通に出勤して業務をこなさなければいけない。」経験をしたことありますか。

私は何度もあります。市役所で働く人は割と経験した人も多いと思います。

実際に市役所で働いていた約25年の間にも、爆破予告は何度もありました

市役所へ爆破予告があったら

今でも、ニュースで「どこかの市役所が爆破予告されている」のを目にすると、

「大変だろうな、、、」と、つい現場の職員の気持ちを考えてしまいます。

なぜそんなことをするのか?と、普通は犯人の方に意識がいっても、

なかなか市役所側のことまでは、考えないですよね。

でも、職員側の気持ちは当然、穏やかではないです

また悪質ないたずらか、と思う一方で、もし本当に爆発などがあったら嫌だなと思います

自分自身もですが、家族だって当然心配します

やめたろうさん
やめたろうさん

うちの子も市役所勤めだから、

心配で居ても立っても居られないよ

自分の大切な親や子供、配偶者が「爆破予告」されているところに働きに行くんです

いい気持ちはしませんよね。

ニュースを見た小さかった子供に、「行かないで。」と言われた時は、正直つらかったです

そして、市役所は閉庁しません。

来庁する市民も心配でしょうし、みなさん「落ち着かない」と言っていました。

市民やめさん
市民やめさん

爆弾なんて、怖いわ

庁舎内も数人の警察官が巡回しています。

外ではパトカーも待機していて、物々しい雰囲気です。

市役所の内部でも、防災課や総務担当課による、警備の強化が行われてました。

人数が足りないと、他課の職員が手伝う時もあります。

そして、若手職員もがんばっていました。

若手職員の奮闘

警備をする二人のレゴ

私のいた市役所では、入所1年目から3年目くらいの若手職員は

「市独自の自衛消防隊」に男女共に、ほぼ強制で入れられて、入っていました

そして、爆破予告日の朝から、

自衛消防隊のヘルメットと防災服、安全靴という姿に着替えた若手職員が、

数人のチームを組んで、庁舎内の裏側やごみ箱、トイレ、自転車置き場などを、

交代で、不審なものがないか、くまなく点検して回っていました。

当然、この安全点検を行っている間は、若手職員は自分の仕事が出来ません

これは、防災課や総務担当課の職員も同様ですが、

半日もしくはそれ以上を、警備、巡回の時間に取られます。

終業時間後やっと

その日を無事に終え、巡回が終わった職員は、

残っている自分の仕事を、5時以降に片付けなければなりません

周りの職員も協力して、残っている仕事を手伝ってくれる人もたまにいますが。

やめたくん
やめたくん

市民のために長時間巡回して、

夕方からやっと仕事に取り掛かるなんて大変だな!

爆破予告のせいで、余計な労力と残業代が発生します。

残業代だっておそらくそんなには出ません。

そして、

この手の予告が来るたびに、この流れ、毎回やるんですよ

市役所の立場からは、万が一の可能性を考慮し、

またいたずらだろうから、何にもせずに放っておきます。」とはいかないからです。

市民のためとはいえ、職員もこんなことが続くと負担だと思います。

たいむさん
たいむさん

ひんぱんにあると、正直大変です…

市役所への爆破予告の影響

もちろん、防災課の職員でなくても、市役所職員全体で不審者がいないか、不審物がないか、気を張っています。いざとなったら、市民を誘導しなければなりません。

爆破予告することは、市民にも、市役所にも大変な迷惑です

それから、職員が警備、巡回して不審物の点検をしているかどうかは、

一部の市役所にしか当てはまらないかもしれません。

その市ごとの考え、状況があるでしょう。

それでも、

何も考えずに、軽い気持ちで爆破予告した人の陰で、

本来の業務以外の地道な作業(警備、巡回)を行っている職員がいることを、

少しでも知っていただけたらと思います。

実際に爆発させなくても

パソコンの机の前で警察に見つかった犯人

「自分のしたことで、市役所がどうなっているか見に来るかもしれない」犯人のチェックも

警察はもちろんしています

予告を打ったパソコンなども、警察の方で調査するそうなので、

悪い事をしてもいずれわかってしまうでしょう。

当然ですが爆破予告は犯罪です。

市役所に爆破予告を送れば、「威力業務妨害罪」が成立します。

実際に爆発させなくても、です。

ここまで読んで、

市独自の自衛消防隊」というパワーワードが、気になっている人もいるかもしれません。

爆破予告には直接関係ありませんが、知らない人も多いと思いますので、

次で少し触れておこうと思います。

スポンサーリンク

自衛消防隊

若者たちが肩を組んで団結している背中

自衛消防隊」→市役所で働きたいと思っている人には、気になるワードですよね。

自治体によっては、活動の大きさや名称が違うかもしれません。

住んでいる町の青年消防団などが活発なところは、

市役所での消防隊活動は少ないところもあるでしょう

あくまでも、私のいた市役所での話です。

活動内容は?

自衛消防隊は、入所した男女1年目から3年目くらいの若手職員で構成されていました。

その年に入った新人職員は、だいたい参加していました。

(「入りたくないから」は、理由にならないようでした。)

おもな活動内容は、

緊急事態時の防災活動と、消防の動作の型を競う技術審査会への出場などです。

年一回、周辺の地域で民間団体の自衛消防隊も含めて行う、

秋の「技術審査会」のために、

終業後から夜遅くまで、お客さんの帰った地下駐車場や空き地で、整列して点呼したり、

消化活動のホースをもって走ったり、すさまじい練習をしていました。

やめたくん
やめたくん

民間ではそういうのないから、知らなかったな

中には4年目以降も、コーチとして自衛消防隊に残っている職員もいました。

当時は、夏に合宿も行っていたようです。

がんばった結果、「技術審査会」で入賞する年もありました。

「技術審査会」で入賞すれば、市長にも褒められますからね、→(総務部長あたりが)。

例えるなら、体育会系のサークルに、集団の流れに飲まれて参加する感じに近いのでしょうか・・・。

大変な中でも、新人職員は知り合いが増えたり、友情が芽生えたり、まれに交際まで発展する人もいたようです。

たいむさん
たいむさん

仕事の悩みを話したり、打ち解けられる

仲間ができたのは良かったです

意外と市役所内の他の課の同世代の人たちと、それほど話す機会はあまりないので

知り合いが増えることはメリットかもしれません。

本来の仕事では・・・

私が若手の時は、この自衛消防隊の活動はあまり盛んでなく、当時は女子部もなかったので、

最近の若手職員は頑張っているな、大変だなあと思っていました。

爆破予告の際の、若手職員の地道な活動には、本当に感謝していました

市役所だから、そういうのないと思って転職したのに。

やめろうくん
やめろうくん

そういうの、きついっす

民間から転職してきた、同じ職場の男性職員(20代後半)が話していました。

確かに、「市役所は机に向かっているだけのイメージ」がありますよね。

実はあまり知られていないだけで、このように、

市役所本来の仕事以外にも、色々とやることがあったりします

民間でも同じようにあると思いますし、それも仕事のうちなのかもしれません。

まとめ

驚く黒猫

市役所に爆破予告が来た時の、市役所の職員の対応についてまとめました。

  • 市役所に爆破予告が来た時、職員もその家族も心配しています。
  • 警察に警備してもらうほかに、防災課や総務担当課も警備を強化します。
  • 若手職員も、庁舎内をくまなく巡回する市もあります。
  • 実際に爆発させなくても、「威力業務妨害罪」が成立します。
  • 職員は警備、巡回し、本来の仕事は5時以降になる場合があります。
  • 市独自の自衛消防隊の活動が、活発な市役所もあります。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

こちらもぜひ、ご覧ください!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました