【危機一髪】公務員が危ない!市役所の危機管理

マスクをする女性市役所
メモを取るスーツの男性の胸元

こんにちは。

市役所に約25年間勤務して、アラフィフで退職した やめたいむ です。

ご覧いただきありがとうございます。

市役所は毎日、様々な市民が訪れて、手続きや申請を行います。

大抵の人はスムーズに手続きが終わりますが、中にはトラブルになってしまう人も・・

ひどい時には、役所や職員が危険な状態に陥ります。

やめたいむ
やめたいむ

市役所のキケンと意外な仕事についてです。

スポンサーリンク

市役所職員はキケンと隣り合わせ

カウンターで怒鳴る市民

トラブルになる原因①税金の滞納

市役所でトラブルになる原因は、税金の滞納が多いでしょう。

税金が払えない、何年も数十万、数百万の滞納がある。

みなさんご存じのように、税金の支払いは国民の義務と言われています。

税金は毎年、前年度の所得から算出されるので、

「人それぞれ、その人の稼ぎから計算した金額」なのです。

大多数の人は、それなりに支払える額となっています。

前年度は稼いでいたけど、今年になって仕事を辞めてしまった人には、

現在が無職でも、昨年の所得で計算された税金が発生しますので、

お財布がイタい人もいるかもしれません。

支払いが厳しい人は、「納税相談」をして、

ひと月〇万円ずつ支払うなどの、分割での納税も出来ます。

やめたくん
やめたくん

民間で働いてると税金は給料天引きだから、意識しなかったなぁ。

税金と書いてある立ちはだかる壁

役所の職員も鬼ではないので、少しずつでも支払おうという姿勢の人には、

差し押さえはしません。

逆に言えば、役所に何年も連絡もせず、督促が来ても知らん顔の人には、

「税の公平性」を保つために、差し押さえが執行されます。

つまり、差し押さえは最終手段です。

大事なモノを役所に持っていかれてしまった、と逆恨みする前に振り返っていただきたい。

支払えない事情があれば相談も出来たのに、連絡もせずご自分が税金を納めなかった事を。

このような役所に対しての逆恨みなどは日常で、トラブルの数は絶えません

トラブルになる原因②生活保護申請の却下

役所でのトラブルは他にもあります。

生活保護の申請の却下でのトラブルも多いでしょう。

問題なのは、病気やケガでもう働けない人の申請ではなく、

とにかく働かないで生活保護費を受給したい」人達がいる事です。

自治体によりますが、生活保護申請の審査は厳しいのです。

当然、貯金や車などの財産があっては生活保護は受けられません

「自分は働かず、車も持ち家もあって、貰った保護費を貯金に回したい」

安易に考えている人がいる事に驚かされます。

そんな事がまかり通ったら、

それこそ『税金の無駄使い』になってしまいます。

そして審査が通らなかった場合、職員を刃物で脅して逆上する人もいます。

職員をナイフで脅しても、生活保護費は受給出来ません。

たいむさん
たいむさん

当たり前ですね…

スポンサーリンク

いざという時のために

黄色い立ち入り禁止のテープ

役所は危険と隣り合わせ

役所には自分の思うようにならなくて暴れる人、危険な人は来ます。

税金の滞納で大事なものが差し押さえになった、生活保護が受けられなかった等の、

「逆恨み」などから役所や職員が、その標的になったりします。

  • 刃物を持って脅す。
  • 火をつけて投げようとしてくる。
  • レジのお金を盗もうとする。(強盗)

一歩間違えれば、大ケガ、命の危険さえあります。

たいむさん
たいむさん

こわいです!

「公務員は安定して、楽でいいよな」とは決して言えない世界なのです。

実際に、窓口のカウンターを乗り越えて暴力を振るわれたり、刃物で刺された職員もいます。

仲裁に入り突き飛ばされて、窓ガラスを片腕で割り、半身血だらけになった職員は私の同期でした。

ガソリンを撒かれて火をつけられたり、火炎瓶を事務室に投げられた自治体もあります。

これらのほとんどが「逆恨み」です。

役所の職員は、常にこの『理不尽さ』と戦っているのです。

やめたくん
やめたくん

市役所で働く人達って大変なんだな、知らなかったよ!

防犯訓練

非常灯

意外と思われるかもしれませんが、

ここ数年で、市役所内でお客さんが帰った後などに、

防犯・防災訓練をする役所が増えています。

私がいた役所では、納税課等の窓口職場を中心に「防犯訓練」をやっていました。

数か月ごとに、「強盗」「火災」などとテーマを決めて、

職員が犯人役、市民役となり、

公務員にしておくのはもったいない?ほどの白熱した演技で、訓練を行っていました。

  • 犯人をさすまたで取り押さえる担当。
  • 警察に通報する担当。
  • 出口を確保する担当。
  • 市民を誘導して避難させる担当。
  • 周りの課に危険を知らせる担当。

と、全員が役割を分担していました。

時間帯は、市民がいない終業時間後に、真面目に訓練に取り組んでいました。

何しろ、「他の市役所で実際にあった事例」を参考に訓練していましたので、

いつ自分の市役所で起きてもおかしくない」と、みな真剣でした。

たいむさん
たいむさん

実際の事例を参考にしているので、訓練でも緊張感があります。

ブラインド訓練

窓のブラインド

あらかじめ周知する訓練の他にも、「ブラインド訓練」というものもありました。

最初にご紹介した訓練は、日にちもテーマも周知されています。

「ブラインド訓練」とは、訓練の日にちも詳細も、職員には知らされずに、

本番さながらに行う、よりリアルな訓練の事です。

職員達は、昼間はそれぞれに自分の業務を行い、

「今週末までのどこかで、意図的に突発的な緊急事態になり、それに対処する」

という訓練をするのです。

訓練担当の庶務係に、極秘で任命された職員が、

フラッシュモブさながらに、犯人役として模擬事件を起こし、

周りの職員が取り押さえるなどの対応をし、緊張感がありました。

実際の犯罪や災害は、急に起こるものですし、

このような「ブラインド訓練」は意義があると思いました。

訓練慣れを防ぎ、市民の安全、職員の安全を第一に考える試みは、

全国の役所に広がるといいなと思います。

やめたくん
やめたくん

市役所も様々な取り組みをしているんだね。

まとめ

マスクをした女性

「市役所職員の危険と危機管理」について、お話しました。

中でも今回は防犯、防災訓練についてのお話でした。

日々、役所の職員も防犯訓練に真面目に取り組んでいます。

市民の安全と、職員の安心して働いていける環境が整う事を願っています

それでは本日のまとめです。

  • 役所の職員は逆恨みされることもあります。
  • 市民、職員の安全のために防犯、避難訓練も大切です。
  • ブラインド訓練という、周知しないで行う訓練もあります。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ぜひこちらも、ご覧ください!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました