【女子公務員あるある】ドン引き!市役所の女先輩の話

赤い服の女性あるある
数人の働く女性の影絵

市役所に約25年間勤務して、アラフィフで退職した やめたいむ です。

ご覧いただきありがとうございます。

【女子公務員あるある】ドン引き!市役所の女先輩の話 をまとめました。

仕事は、職場の人間関係がうまくいくかどうかが重要なカギですね。

特に、女性の多い職場は難しいです。

民間に比べて市役所は、定年まで長く勤めている女性が多いです。

それが、長い市役所生活を経て、おかしな個性を培養してしまうのか・・

ぜひ、最後までご覧ください!

やめたいむ
やめたいむ

世の中で一番コワいのは女の先輩かもしれません…

スポンサーリンク

ドン引き①セクハラ被害者が加害者に

腕を組む女性と慌てる男性

自分が若い頃、おじさん職員から「彼氏いるの?結婚は?」と絶えず聞かれたり、

セクハラされて、嫌だったはずの女性職員

十年後には忘れてしまったのか、若い男性職員に対して、

自らセクハラをしている人がいました。

やめたくん
やめたくん

え?女性職員からセクハラ?

おもに30代から40代の女性職員に多かったです。

若手男性職員に厚かましく、「ねぇねぇ、彼女とかいないのぉ?

その挙句には、「しょうがないなぁ、私が飲みに行ってあげよっか?」

と、誘っていました。

若手男性職員は青ざめて、何とか無難に断ろうとして、見ていて気の毒でした。

気に入ってるから、あわよくば付き合いたいのか、

ただ単に若い男子をからかいたいのか、理由は様々だと思います。

本当は自分こそ彼氏いない歴〇〇年な女性が多く、

若手男子にまとわりついているのを見かけるたびに、こちらが何だか辛くなりました。

厄介なのは、女性職員にセクハラの自覚がないことです。

自覚がなくても「相手が不快ならセクハラ」ですから、女性も言動には気をつけたいですね。

たいむさん
たいむさん

私も気をつけなきゃ

スポンサーリンク

ドン引き②本当にサバサバしてるのか?

頬杖をつき不満そうな女性

女性の先輩職員の中には、厚かましい人もいます。

「飲みに行くの、付き合ってもいいけど?(圧力)」と、後輩男子を誘います。

後輩男子が、「今週末はちょっと用事が・・」と、断ろうとすると、

プライドが高いので、「やだ、勘違いしないでね。」

「ほら、私ってサバサバしてるじゃん?男女関係なく誘っただけだし!」

と、言い訳していました。

「本当にあなたは言うほど、サバサバしてるのか?」

常日頃、この「自称サバサバ女」には、違和感を持ち続けてきました。

サバサバしてるという人の心理

「私、サバサバしてるから」という女性ほど、ねちっこい人が多いと思いませんか?

「私性格が男っぽいから、男友達の方が多いんだよね。」

「サッパリした性格だから、後輩女子に慕われるタイプみたい。」

そういう女性ほど、露出の多い服やノースリーブを着ていて、

さらに男子を意識した言動も多く、その矛盾した感じに違和感がありました。

本当は「サバサバしてない」と内心自覚している人が、

あえて口に出して、アピールするのではないか?

自分自身に言い聞かせているのでは?と思ってしまいます。

サバサバしているかどうかの判断は、周囲の人がするものですよね。

やめたくん
やめたくん

確かに、自らサバサバしてると言わなくてもいいよね。

赤い服と赤っぽい色の服の人

赤い服の女性

例えば、赤い色の服を着ている人は、「今日、私赤い服着てるの」とは言いませんよね。

やや赤茶色や黒っぽいくすんだ赤色の服の人で、赤い服を着たいのに着れなかった人が、

「今日、私赤い服着てるの。この服は赤色なの。」

と、周囲に主張し続けているのではないでしょうか。

自分は本当はサバサバした性格ではない、と自覚があるからこそ、

「私ってサバサバした性格なの。」と聞かれてもいないのに、

アピールしてしまうのではないか、と思うのです。

ついでに言わせていただければ、

自分でサバサバしているという女性で、性格の良かった人はいない

振り返るとそんな気がしています。

たいむさん
たいむさん

なるほど、内心自分は違うと気づいてる人かぁ。

ドン引き③猫言葉

伸びをする猫

ある時、女の先輩が急に話出しました。

「そうだニャー」

えっ!今のナニ?まさか猫語??

「さあムダ話してないで、サッサと仕事するニャー」

本人は可愛いつもりなのでしょうが、周りの人達は、ドン引きしていました。

いい歳になって、語尾に「ニャー」をつけて話す、いわゆる猫語はキツいなぁと思います。

年齢を重ねると自分の言動のイタさに、鈍感になるようです。

ちなみに、私が40代を過ぎた頃の職場で、30代の後輩女子職員が猫語を使っていました。

私からしたら年下が使っていても、やはり共感性羞恥の嵐でした。

猫語は義務教育過ぎたら、使用禁止にした方がイイと思います。

やめたいむ
やめたいむ

猫語は禁止だニャー!

やめたくん
やめたくん

えっ!あの…

ドン引き④シールが!

職場のパソコンの前でパンを食べる女性

いつも何かを無くして、大騒ぎしている女先輩がいました。

「ない、ないっ!どこにいったんだろ?」

重要書類でもなくなったんですか?」と聞くと、

「そうなのよ、重要なのに!どうしていつもどこかに消えるの?」

今度は一体何がなくなったんだろうと、その先輩のデスクを見ました。

パソコン画面の周りいっぱいに、ベタベタとシールが貼ってあるのです。

もしかしてこれは某パンまつりのシール・・?

あの、買ったパンについているシールを集めて、応募してお皿をもらうヤツ?

たいむさん
たいむさん

パソコンにシール貼るのはちょっと引きます。

「そう、パンまつりのシールに決まってるじゃない!」と、平然というのです。

そこに課長が現れて、

決裁書類に変なシールくっついてたよ。

と、女先輩は注意されていました。

毎日、昼に大量のパン買ってたのは知ってたけど、

机の周りが煩雑で、決裁書シールがくっついてしまったのは、、マズかったですね

やめたくん
やめたくん

仕事に悪影響出てるのはダメだね。

ドン引き⑤視察研修とは?

パソコンの画面を指し、教える人

市役所ではたまに、他の自治体の新しい取り組みを学ぶために、他県へ視察に行く事があります。

自治体によりますが、予算が取れた時に一年に一度、

審査を通って、選ばれたグループくらいが視察に行けるのです。

ウチの部署から2名が行くことになったのですが・・。

少し遠い地方の他県だったので、一泊の視察に、

40代の男性係長と20代後半の女性職員で行くと届出が出されていました。

女性課長がさすがに気を遣って、

今回の視察は一泊だし、若い独身の女性職員より、男性職員に変わ

と提案しました。

やめたくん
やめたくん

一応、独身女性だし気を遣ったんだね。

確かにそうだよね、係長もバツイチ独身だし。

いくら視察でも、男女二人で泊まりはなんかあんまりね・・。

と、周囲も課長の意見に納得したのですが、

女先輩は、「大丈夫です!」と譲りません。

それどころか、

ご心配なく。私たち付き合ってるんで!」と言い出しました。

たいむさん
たいむさん

いやいや、逆に大丈夫じゃないのよ…

仲良くハイタッチする上司と部下の男女

えーっ!バツイチ独身40代係長と付き合ってるの?

それって、視察研修じゃなくて、もうカップルの旅行になってる!

当人同士は、ちゃんと視察してくるつもりでも、

「カップルが仕事にかこつけてデート旅行する」と思われても仕方ない状況です。

おいおい、それはダメだろ~!とみんなドン引きしていました。

(風の噂では却下されたとかしないとか・・。)

まとめ

波打ちぎわでヨガをするたくましい女性

「【女子公務員あるある】ドン引き!市役所の女先輩の話」について、お話しました。

周りを気にせずストレスなく生きていて、ある意味うらやましい人達でした。

市役所はすぐ噂が広まるので、変な言動には十分気をつけてください。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ぜひこちらのブログも、ご覧ください!

YouTubeもやっています。

市役所のウラ側を25年勤務の経験と女性目線で、アニメーションで情報発信しています!

やめたいむのブログの世界が、よりリアルなアニメで(紙芝居風)ご覧いただけます。

【元公務員】やめたいむのYouTubeはこちらからどうぞ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました