【窓口】公務員あるある/市役所の窓口はストレスで辛い?

窓口職場で疲れた顔の女性あるある
窓口で疲れた顔の女性

こんにちは。

市役所に約25年間勤務して、アラフィフで退職した やめたいむ です。

ご覧いただきありがとうございます。

市役所といってまず浮かぶのは、「窓口」ではないでしょうか。

引っ越し、住民票、結婚、離婚、出生、死亡の各戸籍の届出、

税金関係、児童手当、保険証、医療証や各福祉の申請等。

人生の節目などの手続き等、市民の生活に密着している申請役所の窓口で行います。

大抵はスムーズに手続きは終わりますが、中にはトラブルになってしまう人も・・

やめたいむ
やめたいむ

本日は、市役所の窓口職場のお話です

スポンサーリンク

窓口あるある①何も持ってなくて怒る人

鞄から出ているパスポート

戸籍謄本などは、たとえ本人の戸籍であっても、免許証などの提示を求められます。

公的に本人だと証明出来るもの、免許証、パスポート、マイナンバーカード、障がい者手帳などの、

国で発行している顔写真付きの証明です。

最近は本人確認も浸透してきて、大概持参する人が多いと思います。

たまにですが、免許証は期限切れ、パスポートもマイナンバーカードもない、

「とにかく今日の夕方までに、自分の戸籍抄本が必要だ」

と小銭だけ持ってくる人もいます。

(借金するためにヤミ金融系に提出する、と言っている人もいました。)

たいむさん
たいむさん

闇金、コワいです…

結局、「俺の戸籍を取りに俺が来たのに、なぜ出せないんだ!

と怒る人もいました。

本人確認は、悪用される事を防止するための決まりなのです。

そもそも、ふらっと来て「俺は本人だ!」と言われても、市役所は何も出せません。

本人だという証拠がないからです。

やめたくん
やめたくん

逆に本人確認せずに、勝手に誰かに戸籍を取られるのは嫌だよ

スポンサーリンク

窓口あるある②引くに引けない人

机をたたき怒る男性

そして窓口で喚き散らし、周囲の注目も浴びて、引くに引けない人もいます。

興奮している人は、奥の別席に案内することもあります。

場合によっては、係長など上の人に代わって話をされたりします。

その人達に勘違いしてほしくないのですが、役所側が

別室で、上の人に代わって接客することは、決して優遇されているわけではありません

迷惑」だからです。

周囲には、大きい声に怖がっているお子さんや、お年寄りもいます。

他の人の迷惑になるから、隔離しただけと言ってもいいのかもしれません。

たいむさん
たいむさん

特別扱いされているわけではありません

場所を変えて、周囲からの視線も遮断し、冷静になってもらいたいからです。

大人なら、役所でもスムーズに振舞いたいものですね。

窓口あるある③○○のお世話になる人

握りこぶし

それでもなお、怒りが収まらない人もまれですが、います。

大声を出す、机をたたく、中には職員に暴力を振るう人もいます。

民間なら、大声の時点でつまみ出される人もいるでしょう。

役所はものを壊したり、暴力沙汰になって、やっと警察を呼べます

ある日、窓口でトラブルになり、職員を強く押した男性がいました。

「うるせぇー、このくそじじい!」と、

止めに入った警察OBの嘱託さんを、思いっきり突き飛ばしました。

私がいた市役所では、近年、警察OBが嘱託として勤務していました。

おもに、巡回や警備をしていましたが、見た目はいつもスーツでしたから、

その男性も、年配の職員が出てきたと思ったのでしょう。

まさか、警察OBの人とは知らず、暴力を振るってしまいました。

やめたくん
やめたくん

市役所で暴れるとか、恥ずかしくないのかな

パトカーに連行されるレゴブロックの人

すぐにパトカーが来て、その男性はシュンとして、連れていかれていました。

市役所は警察の人も割と巡回していますので、暴れない方がいいです。

その前に、人として暴力はいけませんけど。

まとめ

手帳とペンとグリーン

「窓口あるある」について、お話しました。

市役所の職員は、公務員の中でも一番市民に近い所で関わる仕事だと思います。

それだけに、やりがいがあるという人、クレーム対応にコリゴリという人、

色々な職員の感情が入り乱れている職場だと思います。

それでは本日のまとめです。

  • 役所には、本人確認出来るものを持参しましょう。
  • 騒いで別対応されることは、優遇ではなく隔離です。

毎日、窓口職場で職員のみなさんは、戦っています。私も何課か経験しましたが、本当に大変だと思います。

  • クレームは、職員個人というより、組織についてがほとんどです。(慣れない人は気にならなくなるといいですね。)
  • 職員の方達が気に病む事なく、健やかに働いていける事を願っています。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ぜひこちらも、ご覧ください!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました