【公務員退職】お酒で人生詰んだアル中公務員の末路!

ビールのグラスを見つめる猿働き方・スキル
ビールの入ったグラスを見つめる猿

こんにちは。

市役所で約25年間働いて退職した やめたいむ です。

ご覧いただきありがとうございます。

本日は「【公務員退職】お酒で人生詰んだアル中公務員の末路!」のお話です。

みなさんは健康ですか?

お酒で人生が狂った、私の直属の上司だった人のお話です。

最近はお酒より、スイーツの方が好きな方も多いと聞きました。

みなさんはどちらが好きですか?

お酒の好きな方もそうでない方も、ぜひ最後までご覧ください!

やめたいむ
やめたいむ

飲める人が羨ましかったんですが・・

スポンサーリンク

23歳:お酒大好き!

ベンチでたくさんの酒瓶を抱えて酔っぱらうカエルの人形

お酒で人生が狂った、直属の上司だった人のお話です。

話はその上司がまだ若手だった頃に戻ります。

【夕方6時】

新人男性公務員23歳が居酒屋さんにいます。

「かんぱ~い!うめぇ~。やっぱりお酒はおいしいな♥」

同期会にその職員は参加しています。

同期から「今の部署はどうなの?」と聞かれ、

文書課はわりと早く帰れるから、飲み屋に毎日直行だよ!

と答え、たまに同期と飲むのもいいなぁとご機嫌でした。

同期に「お前、酒ホントに好きだよなっ!」と言われ、

「なんかオレ酒だけは強いんだよねー。遺伝かな?」と得意げでした。

たいむさん
たいむさん

市役所ってお酒好きな人が多いような…

【深夜12時】

たくさんのお酒の瓶が回って見える画像

時刻は12時を回っています。

市役所職員は災害時にすぐ招集出来る事からか、割と地元の人も一定数採用するようです。

繁華街の飲み屋から徒歩で帰れる職員は、終電を気にせず遅くまで飲んでいました

地元のいくつかの飲み屋も、奥の座敷で夕方6時から12時までの6時間

長時間の飲み会をさせてくれていたようです。

私は最初、その「市職員と店の謎システム」に驚きましたが、

チェーン店ではない街の個人飲食店にとって、

市の職員は末長く飲んでくれる「金づる」でもあったのです。

やめたくん
やめたくん

夕方6時から12時まで飲むなんて、信じられない💦

スポンサーリンク

35歳:家でも休日でも飲酒

家で酔いつぶれる男性

その男性公務員も中堅になり、残業の多い課税課勤務になりました。

「あ~うまい!やっぱ、酒はいいよなー♥」

「課税課は残業多くてキツいよ。ストレスたまるから家で飲もう!

こうなったら家で飲むしかない、と残業で遅く帰った後に深夜まで飲酒していたそうです。

残業とお酒

残業が比較的少ない部署は、夕方6時前から飲み始める事が出来ます。

次の日以降も、そんな部署は仕事がきつくないのでつい深酒をし、

何とか出勤はするものの、自席で二日酔いのため「死んでいる」ような職員もいました。

また、残業が多く帰宅が遅くても、家で必ず晩酌をして、

ストレスを解消する人もいました。

やめたくん
やめたくん

残業あっても、なくても飲むんじゃん!

たいむさん
たいむさん

おっしゃる通り!

48歳:異変「記憶が・・」

記憶が失われて頭を抱える男性

その男性職員も48歳になり、係長として数年が経ちました。

社交的で温和な性格で、酒の席では幹事を引き受けるものの、

最後はベロべロで計算が出来ない、というパターンだったようです。

やめたくん
やめたくん

え、それってどうなの?

ある日「あれ、電子決裁ってどうやってたっけ?

それまでやっていたのに、どうしても思い出せません

部下は「係長~、もうその質問5回目ですよ!

「最近どうしたんですか?また二日酔いですか?」と教えます。

「えへへ、ごめんごめん。」と照れ隠しで笑うものの、

オレも歳取ったなぁ。

ゆうべちょっと飲み過ぎたかな?と軽く見ていました。

パソコンを指して上司に仕事を教える部下

次第に、そのやり取りが頻繁になっていきました。

数日に一回が、毎日になり、とうとう数分に一回は忘れて、、

常に同じ事を質問したり、聞いている状態になりました。

この時の部下が実は私なのですが、だんだんと恐怖を感じました。

係長のパソコンを偶然のぞいたのですが、

同じ会議の回付票(申請書の事)が、何十件も保存されている事もありました。

一つの書類を作るのに、何十時間もかかり、

こちらが教えても、電話に途中で出るともう覚えていないのです。

やめたくん
やめたくん

そもそも、部下が係長に仕事を教えるっておかしくない?

たいむさん
たいむさん

数分前に質問したこと自体、忘れるようになってたんだって。

庁舎内で迷子

脳の透けている骸骨とたくさんのクエスチョンマーク

別の日、市内に出張した係長がなかなか帰ってきませんでした。

予定の時間より1時間も遅く、連絡もなく心配しました。

その頃、庁舎内で迷子になっていたようなのです。

「あれれ、庁用車を駐車したはいいけど、庁舎内に戻る通路どこだっけ?

この頃は記憶がとぎれとぎれになる事があり、

地下の庁用車駐車場に運転して帰ってきて、

急に事務室に戻る通路がわからなくなったそうです。

やめたくん
やめたくん

えーっ、ヤバくない!?

1時間後に「ふ~、何とか自力で職場に戻れた~。」と帰ってきました。

「最近、物忘れが多いなぁ。目も充血しっぱなしだし。」と言っていたので、さすがに本人もマズイと感じたようです。

家族とも相談し、病院に行くことになりました。

病院で検査

使うか失うかと書いてあるおもちゃの脳みそ

「あなたの脳の海馬はほぼ機能していません。」※海馬:記憶をつかさどる所。

「もはや脳が死んでいる状態です。」

検査の結果を聞きにいったところ、医者からこう言われたそうです。

今までどれくらい、お酒を飲んでいましたか?

医者に聞かれ振り返ってみると、それは壮絶な酒量でした。

飲酒人生の回想

  • 残業ない部署では、店で6時から12時まで6時間飲酒。
  • 残業ある部署でも、店が開いていれば9時から12時まで3時間飲酒。
  • 店がやってない時は残業後、家で12時過ぎまでは飲んでいた。
  • 市役所に入って25年飲んでいた。休日もほぼ欠かさず。

医者は呆れて、驚いたそうです。

やめたくん
やめたくん

え~っ、もう残業関係ないじゃん!

たいむさん
たいむさん

休肝日なしって、ある意味すごい!

「あ~~それはひどいっ!あなた飲み過ぎですよ!!」

元々、遺伝的に肝臓は強かったそうで、それがまた不幸の始まりでした。

毎日長時間、何十年も休肝日なしに飲み続けた結果、

脳がアルコール漬けの状態になっていました

その結果、脳はあまり機能せず、ひどい記憶障害が起きている状態。

これでは仕事どころか、日常生活にも支障をきたします。

まだ40代後半ですから、定年までの年数もまだまだあるというのに・・。

アル中公務員の末路!

ソファーで頭を抱えるサラリーマン

翌日からドクターストップで休職!強制入院となりました。

「この俺がドクターストップなんて・・」と泣いていたとか。

やめたくん
やめたくん

学生の頃から30年近く、飲みっぱなしだったのかな?

たいむさん
たいむさん

だから、忘れっぽかったのね。

沈黙のアル中症状

これらの症状はごく一部で、人により違いはあると思います。

一般的にはよく聞く「アルコール依存症」、いわゆる「アル中」だそうです。

この職員の場合は、暴れたり、ちゃぶ台をひっくり返すとかは一切なかったそうです。

静かに脳が酒漬けになっていたようです。

だから余計に、周囲の人が異変に気がつかなかったのです。

職場の人間が病院を勧めた時は、脳を元に戻すのは手遅れだったと医者に言われたそうです。

何か月も入院しましたが、その後も記憶低下は治らなかったようでした。

そしてしばらくして退職されました・・。

たいむさん
たいむさん

記憶障害では、次の仕事も見つかりませんね…

やめたくん
やめたくん

これからの人生で禁酒はつらそうだね…

まとめ

「【公務員退職】お酒で人生詰んだアル中公務員の末路!」でした。

長い市役所生活で、若い頃から何十年もお酒を飲み続けた結果、

アルコール中毒になって、退職することもあります。

せっかく公務員になったのに、お酒で身を亡ぼすのはもったいないです。

お酒の飲み過ぎには、注意しましょう!

市役所では先輩がお酒は勧めて来ても、責任は取ってくれません。

皆さんのご参考になればうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ぜひこちらも、ご覧ください!

YouTubeもやっています。

25年の勤務経験と女性目線から見た【市役所のウラ側】を、アニメーションで情報発信しています!

やめたいむのブログの世界が、よりリアルなアニメで(紙芝居風)ご覧いただけます。

【元公務員】やめたいむのYouTubeはこちらからどうぞ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました