【実は激務】市役所の隠れブラック部署!

暗闇で雷の中に立つサラリーマン市役所
雷とスーツの男性

こんにちは。

市役所に約25年間勤務して、アラフィフで退職した やめたいむ です。

ご覧いただきありがとうございます。

みなさんは「市役所の隠れブラック部署」をご存じですか?

市役所には、激務と言われている部署がありますが、隠れブラック部署とは、

一見しては激務部署ではなさそうなのに、実はブラック部署という意味です。

ブラックの定義「残業が多いのか、メンタル的にきついのか」は、人それぞれです。

どの部署が隠れブラックなのかをご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

やめたいむ
やめたいむ

実は隠れブラックが一番タチが悪い・・

スポンサーリンク

実はブラック部署①戸籍係

積まれた書類の山

市民課に異動になった人がいます。

今までは激務部署で有名な生活支援課だったから、大変だった。

市民課は一日完結型の仕事だから、少しは楽だよね~。」と思いました。

ところが先輩から、「一般的には市民課は残業もなくて、楽なイメージだと思うでしょ?」

と、クギを刺されたのです。

たいむさん
たいむさん

え、違うんですか?

先輩は続けました。

市民課の中でも、戸籍係は別モノだと思った方がいい。」

だいたいは、市民課の中で窓口係・戸籍係・庶務係と分かれている場合が多いです。

※戸籍課として独立している自治体もあります。

基本的に、窓口係は日中のクレームが大変ですが、残業はほとんどありません

窓口係は、その日に受付した住民票の申請を、その日にお渡しする「一日完結型」の業務です。

戸籍係も普段はほぼ、残業はありません

しかし、婚姻届が集中して出される日などは地獄と化すのです。

婚姻届

スニーカーを履く新郎新婦の足元

町村や小さい市はともかく、大きい市役所は婚姻届が集中します。

特に11月22日「いい夫婦の日」は、カップルが押し寄せます

2月14日「バレンタインデー」、12月24日「クリスマスイブ」なども同様です。

これらの日以外にも、、婚姻届出が多い「大安」の日は、

職員は「大安ブルー」になっていました。

たいむさん
たいむさん

明日、大安だっ💦

戸籍モノの審査は、氏名等漢字に誤りがないか確認したり、

本籍地の市役所に電話で問い合わせもするため、1件の届出審査に時間がかかります

また、再婚同士や外国人との婚姻の場合は、確認事項も多いので、

事務処理に1時間以上かかる時もあるのです。

やめたくん
やめたくん

え?そうなんだ、大変だね。

戸籍の届出が多い日は地獄

体に石を積まれて動けない人形

年号が新しくなる日、数字のゴロがいい日にちなどレアな時は、

一日で50件、またはそれ以上の婚姻届が出される場合もあります。

その日は戸籍係は緊急事態となります。

とりあえず提出された戸籍の受付をし、平日残業や休日出勤で、戸籍の審査をする事態になるのです。

大量の婚姻届と並行して、出生届や転籍届など、その他に提出された戸籍の届出も、審査しなければなりません。

職員同士でも、市民課のイメージは「残業がない」が浸透していますが、

実は戸籍係だけは「隠れブラック部署」なのです。

たいむさん
たいむさん

終わるまで帰れないよ~

戸籍の届出の数だけ人生がある?

青年と老人

当然、婚姻届以外にも、戸籍の届出は容赦なく(←え?)提出されます。

離婚届・出生届・死亡届・養子縁組届・転籍届と、戸籍の届出の種類も多いです。

戸籍届はその人の人生のあかしです。

この世に出生し、人により結婚、離婚、養子縁組、転籍、そして最後は死亡届まで。

毎日、色々な人に色々な事が起き、その度に戸籍が届出されます。

戸籍係は人々の人生のターニングポイントで、手続きのお手伝いをしている、尊い仕事ともいえるでしょう。

スポンサーリンク

実はブラック部署 ②教育委員会

パソコンの前で落ち込む男性職員

ここまでお読みいただいた方の中には、

ほかにも隠れブラック部署ってあるの?」と疑問に思う人もいますよね。

私が今まで見てきた市役所の中では、教育委員会は外せないかなと思います。

教育委員会と言っても、いくつもの課に分かれています。

ここで扱うのは、図書館や公民館ではなく、学校関係の部署のことです。

※自治体によって、担当業務や部署名は異なります。

職員の認識として、図書館や公民館、体育館などの、

いわゆる「館系(やかたけい)」はそんなに激務でも、ブラックでもありません

それでは、詳しく見ていきましょう。

やめたくん
やめたくん

教育委員会って、色々な課があるんだね。

実はブラック部署 ②-1教育学務課

モンスターペアレント

教育学務課は、おもに就学・転校の手続きや、

市内の小中学校に関する会計や、教職員の健康診断などの業務を担当しています。

中でも「就学困難な児童・生徒のための援助」は、デリケートな問題が多く含まれています。

当然、いじめ・不登校・学級崩壊の問題などは、気を遣う事になります。

時には、モンスターペアレントと学校の板挟みになる場合もあります。

よく、学務課の前で、親御さんが大声を出されているのを見かけました。

「あの担任を辞めさせて!気に入らないっ!!」と詰められて、

「そう言われましても・・」と職員が困っていました。

毎日、たくさんの親御さんと教職員に、代わるがわる文句を言われ、

うつ病になってしまった同僚もいました。

モンペの人
モンペの人

学校がすべて悪いのよ!市役所から何とか言ってよ!!

教職員
教職員

学校は悪くない!市役所で対応してよ!!

たいむさん
たいむさん

うわ~、助けて💦

実はブラック部署 ②- 2教育指導課

あざけ笑う女性教職員

教育指導課は、教科用図書や教職員の人事・給与に関する業務です。

この給与の業務が大変なのです。

制度が複雑で変更が多く、パソコンの入れ替えの度に、入力の仕様が変わったりと厄介です。

そして、もっと厄介なのが「先生相手」だという事です。(←小声)

お子さんが生まれたのに、扶養手当の申請をすぐに報告しなかったりと、

教職員が意外と期日を守ってくれないのです。

※個人の感想です。

やめたくん
やめたくん

え~、学校の先生なのに意外だな。

それなのに、手当の振り込みが遅いと、激怒りの電話をして来たりする場合もあります。

「扶養が増える旨のご報告が遅かったので、振り込みも遅れますっ」

と言っても、文句を言われる事もあります。

教職員
教職員

扶養手当が振り込まれてないよ!

大きい市だと小中学校の数が多く、教職員も多いので、膨大な給与計算などに追われます。

電算化はされていますが、交通費の精算や扶養手当の増減は手入力の部分もありました。

給料日に入力などの手続きを間に合わせるために、

残業、休日出勤する場合も実は多いのです。

たいむさん
たいむさん

給料日前は、休日出勤は必須でした…

実はブラック部署 ②- 3教育総務課

パソコンで仕事をこなす人

大きい市では、教育総務課と教育施設課に分かれている自治体もあります。

ここではわかりやすいように、分けて記載します。

教育総務課は、教育委員会のとりまとめで、庶務的事務がメインです。

守備範囲が学校全体で、細かく広く大変です。

教育委員との調整や、議会対応など、教育委員会全体のとりまとめをします。

ここの課の庶務係長は、出世していくイメージでした。

逆に言えば、出世するような人が、教育総務課に異動して来るのかもしれません。

激務というよりは、表も裏もコマかい仕事が膨大にあるのに、

その苦労が表立って見えていない部分が多くて、隠れブラック部署という感じでした。

実はブラック部署 ②- 4教育施設課

校舎

教育施設課は、各学校からの修繕要望等に対応する業務です。

「ウチの学校を先に直してくれ~」と校長たちはみんな考えています。

しかし予算が限られているので、当然順番待ちです。

そのため、教職員からの苦情も多いです。

これくらいはブラックとはいえないかもしれません。

実はこの課で一番コワイのは、学校の建て替え担当に当たることです。

やりがいも残業も一気に増えます

3、4年の間、担当した学校が建て替え終わるまで異動出来ません。

副校長と業者との板挟みになり、調整が一番大変だったと、同期は言っていました。

やめたくん
やめたくん

学校関係も色々大変なんだね、知らなかったな。

隠れブラック部署がつらいワケ

暗い部屋でパソコンで仕事をする男性

昔と違って、今は職員も減らされて、どこの部署も大変です。

ただ激務部署は、どう見てもメジャー級に大変なので、

「忙しくて大変でしょ?」と周囲から同情されます。

しかし、隠れブラック部署の場合、周囲から大変だと理解されづらいので、

有名な激務部署ほど、同情されません。

同情されたいというワケではないけど、

辛さをわかってもらえないのは少し切ないですね。

たいむさん
たいむさん

確かにそうかも…

まとめ

寝そべってiPadなどをする2匹のカエル

「【実は激務】市役所の隠れブラック部署!」をご紹介しました。

市役所の仕事は、外部からは楽に見えても、

配属されたらヤバかったという部署も意外とあります

でも、もしブラック部署に配属されても、この記事を読んだあなたならきっと大丈夫です。

「実はブラック部署だと知っていること」は強みです。

世の中で最も怖いのは、「ブラック部署だと知らないで働く事」ですから。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ぜひこちらのブログも、ご覧ください!

YouTubeもやっています。

25年の勤務経験と女性目線から見た【市役所のウラ側】を、アニメーションで情報発信しています!

やめたいむのブログの世界が、よりリアルなアニメで(紙芝居風)ご覧いただけます。

【元公務員】やめたいむのYouTubeはこちらからどうぞ

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました