【スキル】公務員にとって本当に必要な力/市役所で生き抜くために

市役所

こんにちは。

市役所に約25年間勤務して、アラフィフで退職した やめたいむ です。

「せっかく公務員になったからには、頑張っていきたい。」

そのために、これからの公務員に本当に必要な力とは、何でしょうか。

漠然と不安な新人さんに、そして当時の悩んでいた自分に向けて書いています。

もちろん昔新人さんだった人にも、お読みいただけたら幸いです。

本日は、市役所職員に本当必要な力についてです。

やめたいむ
やめたいむ

市役所職員に本当に必要な力とは?

スポンサーリンク

公務員に必要な力

河原で積まれた石

独特の世界での悩み

これからの公務員に必要な力って何でしょうか。

試験勉強期間を経て、公務員試験に受かって就職。

公務員になって、一生懸命働くぞ!

希望に満ちて就職する人も多いでしょう。

やめたいむ
やめたいむ

私も昔そうでした。(遠い目)

実際に働いてみると、公務員独特の世界に、

想像以上に驚いたり、がっかりする事もあるでしょう。

周囲に相談しても、「ぜいたくな悩みだ」と理解してもらえません。

たいむさん
たいむさん

なかなかわかってもらえません…

公務員になってみないと、

公務員特有の苦悩はわかってもらえないからです。

責任感や真面目さだけでは、解決できない事も多いです。

前向きな回避!?

飛んでいくたんぽぽの綿毛

心身共に健康で働き続けるために、どんな力をつけていく事が必要なのでしょうか。

それはズバリ「スルー力」です。

えっ!気にするなってこと?

そう思われた人もいるかもしれません。

かつての私もそう思っていました。

何十年も働いたある日、

人間関係と激務のためウツになった事がきっかけで、

気持ちが強く変わりました。

もちろん、責任感も真面目さも必要です。

前向きな回避という意味です。

本当に公務員に大切な力は「スルー力」だと思います!

なぜ、スルー力か?

長い市役所人生で理想的なのは、

  • モチベーションを下げず
  • 病気にならず
  • 休職せず
  • 結果、途中で退職せず

地味ですが、これが一番大切だと思います。

安定が固有名詞のような、公務員ですが、

異動はガチャだし、残業もあるし、市民には連日文句を言われるし

おまけに、上司、先輩、同期まで、なんかやる気ない人多いし

たいむさん
たいむさん

最初少しがっかりしました…

「市民のために」「地元に恩返しを」と志高く就職した人は、

「なんか違うな・・」とキツい現実に直面します。

正面からとらえすぎると、毎日気が重く憂鬱。

人間関係が悪化し、ひどい時はウツになったりします。

そんな時こそ、「スルー力」が大切なのです。

理想の公務員人生?

グッドポーズをするスーツの男性

理想は、毎日市民のお役に立てて、感謝される仕事をする事。

やりがいを持って、上司、先輩や同僚と一生懸命働く日々。

心身共に健康で、60歳の定年まで、充実した公務員生活を送る。

意識が高い事は立派な事かもしれません。

そんな皆さんの夢を壊すかもしれませんが

体を壊すよりはマシなので言います

そんな輝かしい世界は、存在しないといっていいでしょう。

たいむさん
たいむさん

働いてみてそう思います。

その希望に満ちた理想は、

かえってあなたの「現実の公務員生活を苦しめる事になる」かもしれません。

理想だけ掲げて、「こんなはずじゃなかった」と悔むのは不健康です

働かない隣人

うつむくチンパンジー

大きな声で言えませんが、

本当にびっくりするくらい、世の中には働かないヒトがいます。

どなたかのコネ入所なのか、常識の欠落なのか。

自分が働かないだけでなく、他人に仕事を押しつけて来たりします。

昔、忙しいからと人に仕事をやらせて、自分はちょっとだけ仕事をし、

あとは〇ケモン集めてたりする人がいました。

やめたくん
やめたくん

え~!信じられない

信じられないほど図々しく、そういう人ほど健康に定年を迎えます

他の職員から苦情も出て、上司に相談しても、

「彼女はこの課で一番長いし、何かあった時に助かるから」

と、謎の言い訳で、一切の注意をしませんでした。

たいむさん
たいむさん

上司にも同僚にもイライラしました

同僚は働かない、上司は無責任

だからといってイライラしても、人は変わりません

今、自分の周囲にこんな人達がいないとしても、

いつそんな部署に配属されるかわかりません。

自分も仕事をしないという意味ではありません。

自分の仕事を粛々とこなし、仕事を押し付けられないようにかわしつつ、

精神の安静を保つ事が賢明でしょう。

それが、ここでのスルーする力という意味です。

やめたくん
やめたくん

自分の仕事はきちんとするんだね

スポンサーリンク

攻撃型の人

大量のマニュアル

市役所の異動は、転職したぐらい仕事が変わる事があります。

新しい職場、人、仕事に対応する柔軟な姿勢が必要です。

異動は3~5年間隔であります。

新人さんは優しく教えてもらえると思います。

注意が必要なのは、次の異動からです。

自分より年下でも、その部署に長ければ「先輩」なので仕事を教わります。

そこまではいいのですが、中には「この前言いましたよね」とか、

聞くたびに「はぁ~」とかため息ついて、感じの悪い人もいました。

たまにいる攻撃型の人です。

たいむさん
たいむさん

さっさと教えた方が早いのに

こちらもいちいち聞きたくないので、マニュアルを見ようとすれば、

そのマニュアル、ここ数年修正してないですから。」

「私忙しいから、修正する暇なかったんですよ!」とキレる人もいました。

やめたくん
やめたくん

何年もマニュアル修正しないなんて!

やめたいむ
やめたいむ

もはやそれは「マニュアル」ではない!

「かわいそうなヒト」からの悪意もスルー!

うるさい人を無視する女性

そういう人に限って、

は自分がものすごく「優秀で仕事が出来る有名大出身」と鼻にかけていました。

果たして、本当に仕事が出来る人がマニュアルの修正を何年も放っておくでしょうか?

同期に愚痴った時、

「きちんと伝わっていれば、何度も聞かないでしょ。説明もヘタなんじゃない?」

そう言われて、確かにそうだなと思いました。

このように「試験は出来ても、仕事が出来ない」人は、一定数います。

職場の事をちょっと先に知っているからって、

謎のマウントを取ってくる人は、次に異動した時に、苦労するかもしれません。

人として「かわいそうなヒト」と割り切って、

必要な仕事の情報は何とか吸収して、

嫌味・出し惜しみ・マウントなどの「悪意はスルー」が得策です。

たいむさん
たいむさん

なかなか難しかったけど、

切り替えてやってみます!

積み上げ力

何かをずっと並べている人

最後に、根本的なお話をひとつ。

公務員の仕事は、毎日、毎日、同じ事の繰り返しがほとんどです。

同じような書類を作成し、電話や窓口では同じ質問をされ、同じ事を答える。

宛名だけ変えて、何百通もの書類の審査、通知の作成、印刷、封入。

毎日、毎週、毎月、毎年・・。

このような代わり映えのしない仕事を23、4歳から、

60歳までの間ずっと続けるのです。

やめたくん
やめたくん

やはり民間とは違うね

飽きずにコツコツと継続していく力が必要です。

たいむさん
たいむさん

私はコツコツ努力するの苦じゃないです

地味ですが、その力はすばらしい能力だと思います。

飽きっぽい人や、やりがいがないと強くストレスを感じてしまう人には、

公務員に向いていないかもしれません。

仕事があるだけありがたい、他の職業にくらべたら恵まれてるかも。

感謝の気持ちを持って、地道にやっていくしかないのです。

そして、仕事で感謝されたり、良き同僚に出会った時に、

たなぼた的な幸せが訪れるでしょう。

やめたいむ
やめたいむ

数少ない良き同僚にも恵まれました

まとめ

海に向かって髪をなびかせる女性

これからの公務員に本当に必要な力について、お話しました。
   
長い市役所生活で、身を守りながら仕事をしていくって、大事だなと思っていただけたらうれしいです。

みなさまが健やかに過ごせますように。

それでは、本日のまとめです。

  • 働かないヒトがいても、自分は粛々と仕事をしましょう。
  • 悪意・マウントは仕事だけ覚えて、スルーしましょう。
  • 人は変わりません。
  • 思い詰めて病気にならないように、スルー力を身につけましょう。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ぜひこちらも、ご覧ください!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました