【異動】公務員あるある/係長対抗職員争奪戦!市役所の裏側

引継ぎを聞いて嫌になる女性あるある
飛び跳ねて移動しているサラリーマン

こんにちは。

市役所に約25年間勤務して、アラフィフで退職した やめたいむ です。

ご覧いただきありがとうございます。

市役所はだいたい、3~5年で異動があります。

異動には「悲喜こもごもの感情」がつきものですが、

異動して来た職員をめぐって、

「係長対抗職員争奪戦(押し付け合い)」があるのをご存じですか?

やめたいむ
やめたいむ

本日は「市役所の異動あるある」についてのお話です。

スポンサーリンク

市役所の異動って?

仕事の打ち合わせをする男女のサラリーマンの手元

まずは、市役所の異動について、簡単に触れておきましょう。

内示と異動まではたったの1週間!

一般的には、3月25日近辺から月末にかけて、異動の「内示」発表があります。

内示から約一週間以内に、慌ただしく、今の課と次に異動する課の両方の引継ぎをします。

そして、4月1日には私物などの荷物も運び込み、異動完了です。

やめたくん
やめたくん

たったの1週間で異動なの?民間は一か月くらい準備するよ

おおむね市役所の3割弱の職員が、一斉に「大移動」します。

新しい部署の人と挨拶もそこそこに、当たり前のように仕事をしなければなりません。

異動する部署によっては、前の課の経験が全く役に立たない!

たいむさん
たいむさん

もはや「転職」に近い感覚です。

では、「異動あるある」を見ていきましょう。

スポンサーリンク

異動あるある①異動発表当日は仕事が手につかない

デスクで頭を抱える女性

3月末の内示発表当日は、周りがバタバタして落ち着かない状態です。

誰が異動したか気になり過ぎて、仕事に集中出来ません

「○○課に異動になった!どんな部署かな」と、異動出来た嬉しさから興奮する職員もいたり、

誰が異動なのか、みんな興味深々でいるからです。

たいむさん
たいむさん

本当に慌ただしい雰囲気になります

一方で、自分自身が異動したかったのに、内示の異動メンバーに該当しなかった、、

「残留決定」後には、落ち込んで仕事に身が入らない場合もあります。

まさか異動確定だと思っていたのに当てが外れ、少なくともあと一年は今の部署で働く、、

発表直後は、魂が抜け殻になってしまう人もいました。

やめたいむ
やめたいむ

実は私も、その抜け殻になったことがあります・・。

異動あるある②係長対抗職員争奪戦がある

角で戦う鹿たち

係長対抗職員争奪戦とは

タイトルにもある「係長対抗職員争奪戦」についてのお話です。

「新しく配属が決まった職員の中で、少しでも優秀な人を自分の係にしたい!

係長としては当然の思いです。

当然、の係長も同じ考えでいます。

優秀な人材をそろえて、課内の仕事がスムーズに回るようにしたい!

働かない、仕事が出来ない等の問題のある職員は、

自分の係の配属になる事だけは全力で阻止したい

係長対抗職員争奪戦とは、裏を返せば、

仕事が出来ない職員の押し付け合いなのです。

優秀な職員が来るかより重要な事は、

仕事が出来ない職員の配属を阻止すること」です。

やめたくん
やめたくん

え!なんかすごいレベルの話だね…

たいむさん<br><br>
たいむさん

優秀な職員でなくても、「普通」でいいんです!

話し合いで決着がつかない時

まず、内示があった翌日くらいまでに、その部署の係長全員が集まって話し合いが行われます。

「ウチはベテランが抜けたから、それなりの人を配属して欲しい」

「ウチの係は去年問題児の職員を引き取ったから、今年こそいい人を選びたい!」

たいむさん
たいむさん

係員からの期待も背負っていますから、真剣です!

話し合いで新しい職員の配属が決まる事も多いですが、

万が一、揉めて決まらない時もあります。

内示から異動までの期間は、1週間しかありません

時間がありません!

その時はどうやって決めるのか・・

それは「じゃんけん」か「あみだくじ」です。

じゃんけんする親子

そこで決まったら文句なし、です。

やめたくん
やめたくん

マジで?まあ確かに公平だけど、ちょっと民間では考えられないかな

この決め方は信じ難いかもしれませんが、

そもそも仕事が全く出来ない、または働く気がない人が存在する方が信じられない事なのです。

でも、コネか何かで市役所に入ってしまった以上、クビには出来ません。

そういった特殊枠の職員は、たいてい1年ごとに部署を異動するので、

「1年間だけ我慢して」受け入れる、いわば毎年「たらい回し」になっています。

そんな職員は大変残念ですが、各役所に数人は存在します。

いつ、どの種類の働かない職員が異動してくるか、、

それはまるで、子どもの頃に遊んだ人もいる「ハンカチ落とし」の状態なのです。

異動あるある③異動してすぐの電話や窓口がコワい

パソコンを見ながら電話も出るサラリーマン

4月1日の異動したての電話や窓口は、

市民に急に何を聞かれるかと思うと、内心ドキドキです。

市民にとっては、職員の異動なんて何の関係もありません

とりあえず対応して、市民からの質問内容を周囲の誰かに確認したいのですが、

年度当初で忙しく、みんな電話に出ていて聞く人がいない!なんてこともあります。

たいむさん
たいむさん

聞きたいのに、みんな手が離せないと焦ります!

でも大丈夫です!しばらくすれば、仕事にも慣れてきます。

堂々としていていい

わからなくて嘆く男の子

今になって、幾たびかの異動当時を振り返って思う事は、

役所の異動は「転職」くらい業務内容が変わるので、

配属されてすぐに、わからない事があって当たり前だという事です。

以前の私は人に何か聞くのが苦手で、聞くタイミングすらものすごく気を遣い

「わからない」事に対して周りにとても申し訳ないと、思い込み過ぎていました。

たまにですが、自分だって異動したばかりの頃は、何もわからなかったはずなのに、

人に教える事を面倒がる人もいます。

私には、「なぜ教えないという意地悪をする人がいるのか」全く理解出来ませんでした。

やめたくん
やめたくん

信じられないね、自分だっていつかまた異動するのに!

でも、大丈夫です。

教えてくれる人を見極めて聞きましょう。

異動は誰にでもあるのだから、堂々として、質問すればいいと思います

ただ、後になると段々聞きづらくなるので、

隙を見て、わからない事は早めに質問しておきましょう。

異動あるある④4月1日付け起案の文書が多すぎる

たくさんの書類の山

役所は、4月1日付け起案の文書がめちゃくちゃ多いです。

業者との委託も何もかもが新年度ごとなので、4月1日付けで起案し直します。

毎年、どの部署でも4月1日付け起案の文書が大量にあります。

多すぎて嫌になるくらいです。

しかも、文書システムが恐ろしく融通が利かないので、

3月中の余裕のある時期に前もって文書を作成しておく、という事が一切出来ません

新年度の4月1日から施行されるものは、4月1日以降でないと全く操作出来ないのです。

やめたくん
やめたくん

それは不便だね

異動あるある⑤すぐに慣れる訳ないのに「慣れた?」と聞かれる

廊下で立ち話をする男女

新年度しばらくは、誰とすれ違っても、

どこに異動したの?」「慣れた?」と聞かれます。

そんなすぐに慣れるワケないのに、何故か毎年飛び交うセリフです。

役所の職員特有の社交辞令、気遣いなのかもしれませんね。

たいむさん
たいむさん

異動先の雰囲気を聞かれるのも困ります…

または、

今年も異動出来なかった」「今の部署はもう何年目?

などの会話が飛び交います。

4月の一週目などは、庁舎内ではこのセリフしか聞かないくらいです。

他課に決裁文書を持っていく途中に、廊下で続けて何人も遭遇してしまうと、

最初の方に話した人がどこに異動したのか、覚えていない事もあります。

あるある⑥異動したかったのに、異動したくなくなる

引継ぎを聞いて嫌になる女性

今の部署を異動出来てうれしかったはずなのに、

次の異動先の引継ぎを受けてみたら、過酷な部署だったと判明し、

やっぱり異動したくなくなる事があります。

これなら、今の部署の方が慣れている分、マシだったかもな・・

この現象を私は仲間内で、

「脱出成功!着地失敗!!」

と呼んでいました。

異動出来て良かった部署はあるけど、異動して来て良かった部署は少ないようです。

やめたくん
やめたくん

役所の異動は民間に比べて大変かも

番外編:年に数回の異動がある自治体も

一人で別の部署に異動する男性

小分けして異動

自治体によっては、年一回だけではなく、

小分けして4月以外の8月や10月、2月などに分散して職員を異動させて、

現場の混乱を防ごうとしているところもあります。

職員側からの要望から、このような異動の分散化が実現された自治体も、まれにあります。

でもまだまだ、人事課への負担などが大きいため、

年1回以上の異動を実施する自治体は少ないです。

小分け異動のメリット

市民の引っ越し等で「4月が超多忙な市民課」などは、メリットが多いようです。

  • 繁忙期に「新しい人」が来ないので「経験者」だけで対応出来て良い。
  • 落ち着いた時期にじっくり教える事が出来て、職員の余裕が生まれる。

このように、4月が繁忙期の部署にとっては、

春先の異動を避けられた方がいいのかもしれません。

また「保育課」も、新しい園児・父母の多い新年度は、

職員間の異動が最小限だと、混乱が少なくて良いそうです。

たいむさん
たいむさん

繁忙期に異動した人の指導もあると正直大変なんですよね…

小分け異動のデメリット

異動が年一回だと、3月の内示の時期だけドキドキすれば良かったのですが、

小分けの異動体制では、年4回の内いつ自分が異動になるのか、検討がつきません。

自分なりに、一年間の計画をしていても、変更せざるを得ないのです。

課内の体制も、異動があるたびに変動します。

途中でベテランが異動して、中途採用の新人が配属されることもあるからです。

やめたくん
やめたくん

多少は仕方ないのかもしれないね…

それでも、小分け異動の方が、全体的にはメリットが多い気がします。

まとめ

広めのオフィスで働く人達

「市役所の異動あるある」について、お話しました。

市役所の異動は、よく「ガチャ」と言われています。

異動希望申請書の提出は出来ますが、あくまでも希望にすぎません。

どんな部署になるか全く予想がつかず、異動は意志のない転職のようなものです。

そして、異動先では毎年、「白熱した職員の争奪戦」が繰り広げられているのです。

異動先によっては、仕事が激務だったり、人間関係の悩み等で、

心身のバランスを崩したり、うつになって、人生が大きく変わってしまう人もいます。

それでも公務員にとって異動は、切っても切れないものです。

それでは本日のまとめです。

  • 異動職員をめぐって、係対抗の争奪戦が毎年ある。
  • 新しい配属先はコワいけど、堂々としていていい。
  • 4月1日付け起案の文書が多すぎる。
  • 数日で慣れるワケないのに、「慣れた?」とすぐ聞かれる。
  • 脱出成功!着地失敗!!の異動もある。
  • 異動は意志のない転職のようなもの。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ぜひこちらも、ご覧ください!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました