【必見】新人公務員の心構え!早く慣れてデキる人になる

たくさんの扉の前で悩む電球の人形新人
ネクタイと腕時計

こんにちは。

市役所に約25年間勤務して、アラフィフで退職した やめたいむ です。

数ある中から私のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

市役所に就職して、期待と不安も多い」新人職員の人もいるのではないでしょうか。

私が新人の頃には、不安があってもSNS的なツールが一切なかったので、

調べようもなく、戸惑う事も多かったです。

不安も多いみなさんの参考に、少しでもなればと思って、

市役所の「新人公務員の心構え」についてお話したいと思います。

やめたいむ
やめたいむ

私もかつて、新人でした…(遠い目)

スポンサーリンク

新人心構え①質問する前に整理しよう

クエスチョンマークを持つ新人

質問したい事がわからない?

最近は新人研修もそこそこに、割とすぐ職場に配属されて、担当も任され、

ハイ、これが君の仕事」って感じになると思います。

ひと通りの仕事のやり方を教わったものの、

「これはどうやるんだろう」などと戸惑ったりします。

たいむさん
たいむさん

初めてで何もかもわかりませんでした…

先輩や上司に質問して疑問を解消したいのですが、何をどう聞けばいいのか

自分が何を聞きたいのか、わからない時もあるでしょう。

まず落ち着いて、自分の頭の中を整理しましょう。

パソコンを見ながら教える先輩職員の手

次に、整理出来たらすぐに質問ではなく、マニュアル等の確認をしましょう。

「それはマニュアルに書いてあるのに、読んでないのかな・・」と、先輩たちに思われないためです。

自力で調べても不明な点を

「ここまではマニュアルで確認してわかったのですが、、。」と聞いた方が、

解決しようと努力はしたんだな、と思ってもらえます。

そしてその後に、

  • 今の自分の仕事の状況、途中経過の報告
  • やるべき事、仕事のゴールまでの不明な点、疑問点

を伝えると、質問された先輩や上司も、あなたの状況と疑問点が把握しやすいでしょう。

質問のタイミング

顔が時計の女性の先輩

こんな人はいないと思いますが、

新人なら教えてもらって当たり前、という態度はよろしくないでしょう。

教える方の先輩も上司も、それぞれが自分の仕事を抱えています。

教えてくれる人の時間を奪っている事を自覚して、

何度も同じ事を聞かないように、

メモを取るなり、パソコン画面をハードコピーするなどして、臨みましょう。

やめたくん
やめたくん

教える方も忙しいからね

おちゃらけた先輩女性

新人さんの話ではないのですが、

私の少し上の女性の先輩は、「メモを探すより聞いた方が早いから」と、

同じ質問を何度もして、ひんしゅくを買っていました。

それを見かけて、「いくつになっても、こういう些細な事から気をつけよう」と思いました。

やめたいむ
やめたいむ

教わる相手に失礼かと…

たいむさん
たいむさん

これは良くないですね、私も気をつけよう

スポンサーリンク

新人心構え②相談は丸投げしない

いくつかの扉の前で迷う手足のついた電球

仕事をしていて判断に迷う事もあります。

 「こういう場合、どうすればいいですかね?」と漠然と投げかけないようにしましょう。

「この新人は自分で考えないですぐ聞いてくるな、、」と周囲に思われないためです。

以前、こういう事がありました。

開催予定だった行事が、諸事情により中止になりました。

審査委員を引き受けてくださるはずだった方への、連絡方法に迷っている新人がいました。

「中止の連絡はどうすればいいですかねー?」

おそらく悪気もなく無自覚なのか、丸投げして聞いていました。

それでも、周りの人は教えてくれるかもしれません。

でも、こういった場合は、

主体性を持ってメリットデメリットを伝えると、より良いのではないでしょうか。

このケースでは、「このようなやり方が考えられると思うのですが・・」として、

いくつかの例を挙げてから、判断を仰ぐのです。

  • メールだと早いが、丁寧さに欠ける
  • 直接、電話で経緯を説明をする
  • まだ日にち的には時間はあるから、手紙を出す
  • まず電話をし、手紙も出す

といった感じです。

たいむさん
たいむさん

まず自分で考えてから相談、ですね

審査委員のお偉いさんと役所の関係により、状況も変わるので、

その都度、正解は変わってきますが、、。

結果的には上司判断になりますが、決定までの相談のスタンスが違うと、

その人のその後の「伸び」も違ってくると思うのです。

やめたくん
やめたくん

伸びか、確かにそうだね

新人心構え③配属でがっかりしない

新人サラリーマン

新人職員にとって、最初の配属というのは印象深いものです。

私は出先職場で、あまり知らない少人数の部署だったので、

「何するところ?」と不安もあり、

本庁で市民課だの課税課だの、と言っている同期を見て、うらやましい気もしました。

でも、あの時の自分に言いたい事があります。

  • 与えられた仕事をとりあえず頑張る!
  • どんな職場に配属が決まっても、がっかりしない!
  • 市役所は3~5年で異動になる!
  • 市役所の仕事に、上も下もない!

市役所人生は長いですから、様々な部署に異動になるものです。

新人心構え④最初の疑問&やる気を温存する

法律の本がたくさん並ぶ本棚

事務室や書庫に行き、市役所の紙で保存されているものの多さに驚く事もあるかもしれません。

これはただ単に、前例踏襲、やる気がないわけではないのです。

役所の仕事は、ほとんどが法令に基づいているため、

紙ベースでの申請自体自体は変えられない事もあります。

「市」ではなく、【国】が紙にしろと言っている場合は、仕方がないのです。

やめたくん
やめたくん

そうだったのか、知らなかったな

仮に、電子化しても大丈夫なものもあります。

しかし市役所何十年分の電子化には、膨大な費用がかかります。

そして、毎年毎年、目の前の急ぎの出費が目白押しです。

優先順位

お金と豚の貯金箱

市役所には、予算を使う優先順位が当然あります。

福祉施設の雨漏り、床の抜け落ち等の老朽化、

保育園の遊具の修繕や、小学校の空調機の故障などなど・・

施設はたくさんあり、毎年修繕などの費用がそれなりに多くかかります

電子化は後回しになっている自治体も多いでしょう。

やめたくん
やめたくん

市の施設って古いよね

やる気と保温調節

保温状態のポット

新人のみなさんの中には、

自分が市役所を変えていく、くらいの勢いのある人もいるかもしれません。

そういう気持ちは大切です。

あきらめずに、自分に出来る事から少しずつ仕事をして

効率化についての気持ちは、忘れずに持っていてください。

当初の疑問&やる気を温存しながら、コツコツと働く事が理想です。

ポットで例えるなら、沸騰でなくて保温です!

なぜ、フレッシュな新人のみなさんにあえて「保温」かと言うと、

市役所は常に熱くなって、真面目に頑張りすぎていると、

ある日ポキッと心が折れて、心身ともに壊れてしまう事があるからなのです。

初めは一生懸命でいいと思います。

そのうち適度に力が抜けてくるでしょう。

たいむさん
たいむさん

まずは基本の仕事を頑張ります!

小さな芽の出ている土を手に持つスーツの新人

先々、役所が重い腰を上げて電子化を、となった時、

今の新人さんが(中堅職員くらいになってて?)その中心となり、

市役所を変えていく時代が来ると思っています。

やめたいむ
やめたいむ

もっと近い未来かも?

本当に大事なのはこの2つ!

色々な色の卵

新人公務員の心構え」についてお話しました。

私が特にお伝えしたかった事はこの2つです。

  • 市役所の仕事に上下はない。
  • ポットで例えるなら、沸騰ではなく保温設定の気持ちでコツコツ働く。

社会に出て働くという事は、期待以上に不安もあると思います。

この記事が、市役所で働くご参考に少しでもなれば幸いです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ぜひこちらも、ご覧ください!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました