【辞めたい】公務員に向いていない人の特徴6つにほぼ当てはまりました…。

働き方・スキル
考える女性

こんにちは。

市役所に約25年間勤務したやめたいむ です。

ご覧いただきありがとうございます。

新卒で働かれている人ももちろんですが、何年か経って思わぬ部署に異動した人も、

自分は公務員には向いていないんじゃないか?

という思いが頭をもたげてくる事ってありますよね。

今回は「公務員に向いてない人の特徴」を改めてまとめてみました。

みなさんはいくつあてはまるでしょうか。

やめたいむ
やめたいむ

向いてなくても働いてる人、多いんですよ。

スポンサーリンク

①楽だと思っている人

無邪気な女性

公務員に向いてない人って、どんな人か?  
 
ズバリ、「公務員が楽だと思っている人」です。

「でも公務員って基本的に楽で、残業もないんですよね?

と思った人もいると思います。

もちろん、部署によっては定時で帰れますし、

課税課のように繁忙期もあれば、閑散期もある季節労働者(→え?)と呼ばれている部署もあります。

福祉系の部署などは、基本的に残業もあると思っている方がいいでしょう

やめたくん
やめたくん

公務員って残業ないと思ってた…

今の時代、流行り病などで世の中が変化してきています。

「でも、楽だし安定してるから公務員になれって、昔からウチの親は言ってましたよ?

それが一番の老害(汗)だと思っています。

親や親せきから楽だからって、洗脳されて公務員になる人も実際にいます。

子どもに苦労させたくない親心もわかります。

ただ、親世代の「公務員が楽だった時代」と、現状はかなり変化しているので、

若い人が誤った情報をうのみにするのは注意が必要です。

たいむさん
たいむさん

ウチの親も一方的な考えを押し付けてきます…

「公務員叩き」が一番都合がいい理由

テレビではコメンテーターなんかが、

しきりに「楽な公務員の給料減らせ!」って、言ってたりしますよね。

公務員叩きするのには理由があります。

民間などへの個人攻撃は訴えられたりと、発言者に跳ね返りがありますが、

公務員は「基本的に言い返さない」ので、公務員を叩いておけば

視聴者、つまり国民の同意を得やすいのです。

何となく「世相を斬ってる風」にかっこつけられますからね。

やめたくん
やめたくん

なるほど、そうだったのかぁ。

だからコメンテーターは、正義ヅラで公務員を叩いて、文句言いたい放題なのです。(小声)

実際にあきれるような、公務員のやらかした事件もありますけどね。

楽だと信じて就職した人のその後

親世代やマスコミの、公務員への古いイメージや誤情報を信じて

就職した人は達はどうなるのか?

「実際に働いたら思ってたのと違った、騙された~」

って辞めていく人もたまにいます。

やめたくん
やめたくん

ひえ~。あんまり楽だと思わない方がいいんだな。

ほとんどの人は今さら転職も勇気がないし、我慢しよう・・と

頑張っている人もいます

いむさん
いむさん

でも大丈夫です。ナメ過ぎなければ、やっていけますよ。

スポンサーリンク

②安易に民間から転職したい人

いくつかのドアの前に立つ電球くん

民間に就職した人の中には、

「民間はブラックでキツイし、ノルマも厳しくて辛い」

「楽そうだから、公務員に転職しよう!」と思う人、多いようですね。

民間勤めがきついからって、安易に公務員に転職したい人は要注意です。

ここまでご覧になった人の中には、

「民間の厳しさはわかってるし、ノルマもない公務員ならやっていけると思うよ?」

と思う人もいると思います。

民間出身者
民間出身者

民間に比べたら楽勝でしょ?

私もそう思っていましたが、そうでもないみたいなんです。

ウチの課に民間出身の新人が配属されたんですが、相当まいってました。

「窓口で市民から、散々理不尽過ぎる文句を言われる。」

という事に、携帯ショップ出身の彼は驚いていました。

窓口でのクレームは、最近は携帯ショップなども大変らしいですよね。

でもそれがイヤで転職したのに、役所のクレームがこんなに多くて、面倒だとは思わなかったようです。

「住民票とか、適当に出してればいいと完全にナメていた。」と言ってました。

他にも、民間で営業をしていた、別の若手も嘆いてました。

民間で営業をしていた頃は、お互いがビジネスマナーの上で話をしていた

それが当たり前だと思っていたら、役所は違った。

来庁した市民が、印鑑や本人確認出来るモノを持参しなかったのに、

ゴネるし、最後は職員の人格や容姿をけなしだすしで、話が全く通じない。

「民度の低い住民(→小声)を相手にするのがキツい」と嘆いてました。

やめたくん
やめたくん

「話が通じない人」の相手はきついかも。

おまけに高齢者は、自分の家の郵便物を持参してきて、

「これ整理してよ」と言い出す始末。

市民サービスをはき違えている人もいます。

民間出身者
民間出身者

高齢者は職員を「何でも屋」だと思ってない?

また、業務が法律や前例踏襲に縛られている事も多く

単調でやりがいもない

公務員になれば幸せになれると思っての転職でした。

「これじゃあ民間の方が良かった」

と、結局その営業出身の新人さんは、退職してしまいました。

たいむさん
たいむさん

公務員になれば安泰ってワケでもないんですよね。

中には、民間での経験を活かして、バリバリ働いている人もいます

公務員にさえ転職出来れば幸せになれると、手放しで思い過ぎなければ、

心が折れる事もなく、淡々と働く事も十分可能です。

③柔軟な対応能力がない人

色々な職員

市役所は3~5年ごとに部署異動するのですが、

異動する度に新しく仕事を覚えて

新しい人間関係を作ってくのが、けっこう大変です。

市役所の仕事は転職と言われるほど、業務内容が変わるので
   
スキルの積み上げが出来にくいのです。

例えば、戸籍係に数年いて戸籍に詳しくなっても、

次の異動先が防災課だったとしたら、今までの知識は役に立ちません

やめたくん
やめたくん

仕事も覚え直しなのは大変だな。

異動のメリット

逆に「何年かごとに環境が変わって新鮮でイイ」って人もいます。

人見知りや人間関係が苦手な人は、異動もあるんだと知っていれば

慌てなくていいかもしれません。

仮に自分が異動しなくても、周囲の人達は毎年数人異動して、

職場の雰囲気が変わっていきます。

でもマイナスな事ばかりではないので、大丈夫です。

そりの合わない上司や同僚も異動するから、

むしろ働きやすい環境に変化する時もあって、悪い事ばかりではないですよ。

たいむさん
たいむさん

確かにそれはイイかも。

異動で必要な事

異動で一番必要な事は、仕事や人への柔軟な対応能力だと思います。

それらは経験を積んでいくと、慣れてきます。

公務員に向いてないかどうかは、

部署によっても、向き不向きがあるので、

一概には言い切れないし、決めつけない方がいいと思います。

もし、向いてない部署に配属されても、
   
数年我慢したら、向いてる部署に行ける可能性もあるんです。

自分は公務員に向いてないと思いながら、頑張ってる人も多いです。

その一方で公務員に向いてなさそうな、ちゃんとしてない人の方が、

ストレスなく定年まで働いてたりするのです。

これは腹が立ちますが、それが社会の仕組みなのかもしれません。

やめたくん
やめたくん

公務員って、意外と奥が深いですね~

④地元で市民のために働きたい人

田舎道に止めてある自転車

公務員になりたい理由の一つに、
   
地元で市民のために働いて、故郷に恩返ししたいという人もいますね。

志を高く働く事は立派ですが、
   
その考えには落とし穴もあるので注意が必要です。

やめたくん
やめたくん

えっ、落とし穴って何ですか?

市役所で働こうと思った時に、
   
どこかで市民に感謝される自分を思い描いていませんか
   
市民のために頑張って働いても、公務員は仕事をして当然だと思われ、

文句を言われることは多いけど、感謝されることは少ないです。

気が付くと市民のためではなく、
   
市長や議員のために働いてると感じる時もあって嫌になる場合も・・。

たいむさん
たいむさん

こんなはずじゃなかったって、失望しそうですよね。

地元で市民のために働くという考え自体は素敵な事でも、

市民の暴言や、職場の理不尽な経験を重ねて、

病んでしまう人もいるのは事実ですので、

初心を大切にしつつ、ある程度は割り切って働く事も大切かと思います。

⑤ルーティンワークが苦手な人

らせん階段

公務員を志望するみなさんは、ルーティンワークは得意ですか?

やめたくん
やめたくん

正直に言うと、飽きっぽい方かな。

市民課の窓口係などでは、

毎日市民に同じ事を聞かれて、同じ事を説明して、住民票などを印刷して渡しています。

何百回、何千回と同じ作業や説明の繰り返しを数年間やるのです。

民間でも多少は繰り返しの業務って、あるとは思います。

民間のようにキツイなりに達成感とかあれば、やっていけるのかもしれません。

残念ですが、市役所の仕事で達成感はまず得られません

安定を求めて公務員になった人は、そこは耐えましょう。

コツコツと淡々と継続する事が出来る人は向いていると思います。

自分なりに日々工夫する

私は市民の様子を見て、人によって説明の濃さや長さを変えていました

時にはお年寄りの愚痴にも耳を傾けると、満足されて帰っていかれたりして、

事務的に仕事を進めるよりも、早くさばける事もありました。

単調な日常の中で、効率化を考えて働いていけるように試行錯誤する事も、

自分なりのやりがいに繋がるのかもしれません。

たいむさん
たいむさん

日々の工夫ですね、私もやってみよう!

⑥真面目過ぎる人

ベットで膝を抱える女性

えっ、公務員は真面目な人の方がいいんじゃないの?

こう思った人もいますよね。

仕事はもちろんきちんとやって、内面はテキトーなくらいでないと

市役所ではやっていけないよ、と言う意味です。

やめたくん
やめたくん

真面目過ぎが向いてないのは、なんか意外ですよね。

窓口で市民から連日、罵詈雑言を言われて、

ウツから病休になってしまう職員もいるのです。

真面目に働いているのに、

「この給料ドロボーが!」などと連日市民に言われると、

メンタルが持たない人もいます。

たいむさん
たいむさん

ウツとか病休は避けたいです。


 「でも、クレーマーはたまにしか、市役所には来ませんよね?」

「窓口職場でなければ大丈夫かな?」と思ったアナタ。

ウツの原因は、クレーマー対応のほかに、実は市役所内部にもあるのです。

実は市役所は、上司や同僚が仕事が出来ない、働かない人も多くて、

それが悩みのタネでもあります。

やめたくん
やめたくん

クレーマーよりも、ある意味酷いじゃないですかぁ。

これは私が市役所に入って、本当に不思議だったのですが、

公務員になった人は試験だけ得意で、常識がない人や、

頭が良過ぎというか、要領が良くてうまくサボる人も多いのです。

なので、真面目な人はイライラしたり、仕事の負担が増える事も多く、

それで嫌になって辞めてしまう人もいるんです。

ここまでお読みいただいた人の中には

え?働かない人の仕事が真面目な人に回ってくるんですか?

と、おかしいと思う人もいると思います。

残念な事に、市役所には真面目な人ばかり仕事が増えて大変になるという、

謎システムがあるんです。

これは市役所で働いて、深く実感しました。

たいむさん
たいむさん

うわ~、コワすぎる~!

異動で眠れない日々が続いた

ここまで色々と経験を踏まえて、お話してきた私ですが、

数年前に異動した福祉系の部署は激務で、朝7時から夜10時まで働いた時期があります。

子供もいてあまり遅くまでは残れないので、朝の始業前から仕事をしていました。

毎日書類の締切に追われ辛い日々が二、三か月過ぎた頃、

仕事の緊張感や焦りから次第に眠れなくなりました

やめたいむ
やめたいむ

眠れないって辛いですよね…

そんな時に私を心配した別の部署の同期の子から、ある枕を勧められました。

藁にもすがる思いで取り寄せてみたら、寝心地も良く癒されました

その後は診療内科にも行きましたが、この枕も併用したりして、

少しずつですが眠れるようになっていきました。

少しイイお値段ですが、人は毎日眠りますし、思い切って良かったと個人的には思います。

枕の好みって人によってあるかと思いますが、一応リンクを貼っておきますので

ご興味のある方はのぞいてみてください。

ヒツジのいらない枕はこちらからどうぞ。


さいごに

非常口

安定した給料(高い給料と言う意味ではない)を希望して

市役所に就職してきたのに、やりがいがないという若手職員をよく見かけました。

その考えが矛盾している事に気づかず、嘆いているのです。

「どうしても公務員には向いていない」と思い悩んだり、

体調を崩されたのでしたら、健康が一番大切ですし、

他の道に進まれるのも良いと思います

ですが世の中には、給料も低くてやりがいもない仕事も少なくありません。

その一方で、何やかや公務員は恵まれているという事実に感謝して、

働き続けるという選択肢もあります。

私自身はネットもない時代でしたので、

入庁してからは、親から聞いていた話と実際の市役所はかなり違い、

驚き、嘆き、戸惑ってばかりでした。

これから公務員を目指す人は、よりリアルな情報を事前に調べておけば、

ショックを受けなくて済みますね。

公務員になって働くという事が、あなたにとってどんな世界に映るとしても、

事前に情報を得ていた事であれば、「耐性」となりやっていけるのではないでしょうか

やめたいむのブログでは、私の見聞きした公務員のウラ側などを

色々とお話していますので、「公務員挫折の予防接種代わり」によろしければご覧ください

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

ぜひ他のブログでもお会いしましょう!

YouTubeもやっています。

25年の勤務経験と女性目線から見た【市役所のウラ側】を、アニメーションで情報発信しています!

やめたいむのブログの世界が、よりリアルな紙芝居風アニメーションでご覧いただけます。

YouTube【公務員に向いていない人の特徴6つ】市役所で25年働いて実感したこと!

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました